肝に銘じます・・・

今日は、腰部の変形・ヘルニア・脊柱管狭窄症などからくる神経痛のお話です。

この方は、腰・臀部・股関節周囲から太ももにかけての痛み、下肢の痺れに加え、太ももの前の付け根に疼くような痛みが走り、調子が悪いと足があげれずお仕事はもちろんの事、日常でも支障をきたしていらっしゃいました。

しっかりエコー鍼灸」・「しっかり鍼灸」の施術を行い8回目に来院された時には、少し奥の方に違和感が残っているくらいで、仕事にも支障がないとおっしゃていました。

その後、無理をされると、腰が痛くなったり、太ももの前が痛かったりされるのですが、「良くなるから来るんです。」とおっしゃり、時々来院されていました。

調子が良くなると、皆さんそうなのですが、凄く痛かった時のことを忘れてしまって、色々とついつい無理をしてしまうのです。そして、少し悪くなっても、良くなるからと心の何処かで思ってしまい、またついつい・・・

しかし、悪化した時が大変なのです。何度も激しい痛みを繰り返していると病状が進み、治りも悪くなってしまうのです。

「脊柱管狭窄症もあるから、気を付けてくださいね。」と、お声掛けした時のことなのですが、
「でしたっけ?」
と、忘れられていたようで・・・

それから数ヶ月後、悪化して来院されました。
ご本人も、かなりきつかったのだと思います。

「爆弾を抱えてるんだから、肝に銘じます!!」

と、おっしゃっていました。
無理をして疲れをためると痛みに変わりますが、皆さん、慣れてこられるとケアをしながら、激しい痛みが出ないように上手にコントロールできるようになって、楽に日常が送れるようになってきます。

今回は治りが悪いのではと、私共も心配しましたが、わりと早く良くなったのでほっとしました。 お元気になられて、本当に良かったです!(^^)