もう治らないと思っていたのに・・・

今日は、ヘルニアによる坐骨神経痛のお話です。

この方は半年位前、左側のお尻~太ももの後面~ふくらはぎの後面と側面の違和感から始まり、すごく痛くなったのだそうです。左足の甲・裏・指先は常にしびれ、また、太もも・ふくらはぎは、激しく痛むと痺れてくるとの事で・・・ 病院でブロック注射を打ったり、痛み止めを飲んだりしたそうですが、しばらくの間、楽にはなっても、また痛みが戻ってしまうと言われていました。 

当院へのご来院は、5年ぶりで、前回治療後からずっと調子が良かったそうです。

今回の施術は、しっかりエコー鍼灸で行いました。(その当時にはなかったのですが・・・)

治療を重ねるほどに少しずつ良くなっていき、5回目来院時には痛み等が10→2位になって、特定の椅子に座った後だけが痛いが、その他は、大丈夫とおっしゃられていました。

その後、7回目の施術中、

「もう、治らんかと思ってたのに・・・やっぱり、鍼灸はいいね~(^^♪  早く来ればよかった!」

と言われ、帰りには、

「もう、ほとんど良いので、しばらく様子を見ます!(^^)! 」

と、嬉しそうにおっしゃられていました。

坐骨神経は腰の下の方から始まり(腰の4番~仙骨の3番)、臀部・太ももの後面を通り、膝付近で、後面(ふくらはぎ)~足裏、後面外側・前面外側(すね)~足の甲へと、分かれていきます。

太ももの前や側面の神経は、だいたいは、腰の上の方から始まり、それぞれ名前がついていますよ。坐骨神経の兄弟のようなものですね (^^)

神経痛は、神経のラインで色々な所が痛んだりしびれたりして、それが、色々と移ったように出たりもします。腰痛がなく、足だけが痺れても、原因は腰だったりするわけですよね。

この方は、坐骨神経の走行に沿って全体に症状がありました。

でも、鍼とお灸がよく効いたようで、

思ったよりも早くお元気になり、本当に良かったです(^^)v